「在宅リハビリテーション」とは何か?

在宅リハビリテーション(以下、在宅リハビリ)の目的は、利用者の実際の生活の場にお伺いして、日常生活の自立と家庭内さらには社会参加の向上を図ることです。在宅リハビリは、利用者本人と自宅環境との適合を調整する役割を持ち、自宅での自立支援に効果的なサービスです。
実際には、心身障害、生活障害、住環境等を評価して自宅生活の中で利用者自身の機能維持・向上を図りつつ、医療機関では行うことができない実際の生活場面に即した能力的な部分へのアプローチを行っていくことが中心になります。
在宅リハビリは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の国家資格を有したリハビリ専門職種が、利用者本人と家族の生活再建、安定、発展を手助けするサービスです。
在宅リハビリは、利用者が安心、安全にその人らしい在宅生活が継続できるように支援していきます。

1.病状の観察

①バイタルチェック(体温、脈拍、呼吸、血圧測定等)
②病状の観察や助言
1.病状の観察

2.身体機能面・精神機能面へのアプローチ

①身体機能(麻痺・体力・筋力・柔軟性・バランス等)の評価・訓練
②疼痛評価と疼痛緩和(マッサージ・ストレッチ・物理療法等)
③言語機能・摂食嚥下機能・コミュニケーション能力の改善
④高次脳機能障害の評価・訓練
⑤精神・心理面の評価・助言
2.身体機能面・精神機能面へのアプローチ

3.基本動作・歩行能力へのアプローチ

①基本動作能力(寝返り・起き上がり・座位・立ち上がり・移乗)の改善
②歩行能力の改善
③座位保持・臥床姿勢の評価・支援(シーティング・ポジショニング等)
3.基本動作・歩行能力へのアプローチ

4.日常生活動作能力へのアプローチ

①日常生活動作能力(食事・排泄・入浴等)の改善
4.日常生活動作能力へのアプローチ

5.物理的環境面・福祉用具等へのアプローチ

①住環境の評価と整備
②福祉用具の導入相談・適合評価
③補装具・自助具の導入相談・再作製支援・適合評価
5.物理的環境面・福祉用具等へのアプローチ

6.社会参加促進・QOL向上へのアプローチ

①趣味活動の再開支援
②職場復帰支援
③自動車運転評価
6.社会参加促進・QOL向上へのアプローチ

7.その他

①自主トレーニング方法助言
②介護方法の助言
③家族への精神的支援
7.その他