令和3年11月度 リハ勉強会

今月の勉強会は9月に行った「呼吸のアセスメント」の続きを行いました。

 

今回は主に副雑音についてです。

 

一言で副雑音といっても種類が色々あります。

 

音は大分違いがあるため聞き分けるのは比較的容易ですが、リハビリでは聴診をさせて頂く機会はあまり多くない為、実際に聴診をするのに躊躇してしまうことがあります。

 

その為、看護師さんが一緒に訪問している場合は割とお任せしてしまうことが多いです。

 

ですが、在宅では病院と違い、常に先生や看護師さんが気付ける環境では無いため、定期的に訪問している私達がいつもと違う様子を見つける事が大事なのだと感じます。

 

聴診が出来て診療日までの対処法やアドバイス等をお伝えできるように、また先生にどういつもと違うのかをきちんと報告出来るように、リハビリだからなど関係なく行っていけるようになれるといいなと思いました。

 

 

<報告:理学療法士O>

2021年11月18日